すすむ屋茶具ストーリー

すすむ屋茶具ストーリー

なぜ私たちが「茶具」をつくったのか?

私達が「茶具」をつくろうと思った経緯をここでご紹介をさせて頂きます。
それには、僕らがすすむ屋茶店を始めた経緯も一緒にご説明しなければなりません。

私共は日本茶の産地、鹿児島に産まれ育ちほとんど毎日最高の日本茶を味わう環境の中で育ちました。
いいものを日常的に味わうという素晴らしい喫茶文化です。

では産地ではない多くの日本人が日本茶に感じているイメージはどんなものでしょうか?
「日本茶は奥が深く難しい」「高級で近寄りがたい和の世界」でしょうか?もしくは「お菓子の横に出てくる付属品」
「よく飲むけど実はどんな日本茶があるのか分からない」などでしょうか?もしこれが多くの人がイメージする
日本茶であればこんなにもったいないことはないと思います。

しかしながら今現在の日本茶は、多くの日本人が感じているイメージそのものである「敷居の高い茶道・煎茶道の
高貴な世界」と「喉が渇いたからただ飲むだけの世界」の両極の価値観でほぼ市場ができています。

その価値観は「茶具」にも同じことが言えると思います。

とても美しく素晴らしいものではあるが高価でありすぎるもの。安価で使いやすいが、大量生産品で味気のないもの。
また「茶具」に関しては、日本茶のつくり手と、急須のつくり手とのコミュニケーションがなかったせいか、
形はとても美しいが美味しくお茶が淹れられない、お茶は美味しく淹れられるが形が気に入らないというものが
とても多いように感じていました。

私達がつくりたいものは、作り手の顔が見え、匂いがする最高の日本茶を日常的に味わえる。日常の風景に根差した
喫茶文化です。なぜなら私達が訪れた多くの国や地方の中で豊かだなぁ。と感じた場所には必ず日常に根差した独自の
喫茶文化がありました。

イギリスの多くの人々が紅茶を楽しむように、アメリカの多くの人々が出勤前にコーヒーを楽しむように、トルコの多くの人々が店先でチャイを楽しむように。
私達が心豊かになるような独自の喫茶文化は何だろうと考えたとき、それは間違いなく日本茶だと思いますし、そうあるべきだと思います。

だからこそ、最高の茶葉と同時に最高の作り手たちと『茶具』もつくっていく必要がありました。
日本茶が簡単に美味しく淹れられ、なおかつ美しいもの。
高価すぎるものではなく、安価で雑でもない、暮らしに寄り添い日常的に使える一生モノの道具たちを。

そう考えてスタートしたすすむ屋茶具。最初のプロダクトは急須です。
「ケメックスのような日常的に使える美しい急須を作ろう」から始まった私たちのプロジェクト。

今ここから生まれる最高プロダクトたち「すすむ屋茶具」を是非ご覧ください。

すすむ屋茶具の特徴 ー シンプルで美しい一生モノの茶具 ー

1.お茶の味わいを最大限に引き出すが大前提
1.お茶の味わいを最大限に引き出すが大前提
日本茶専門店がつくる茶具ですからお茶が美味しくはいるのが大前提。道具の形が良くてもお茶が淹れにくい。ということはありません。
2.シンプルで飽きのこない一生モノのデザイン
2.シンプルで飽きのこない一生モノのデザイン
デザインはシンプル。お茶が美味しくなるにはどの形がいいだろう。を突き詰めたらシンプルになりました。
3.容量は少し、大きめ
3.容量は少し、大きめ
容量は少し、大きめ。何度もキッチンに行く必要がないように。日常的に使うものですから。
4.現代のライフスタイルに
4.現代のライフスタイルに
日常的に使っていただきたいと思っているから、現代のライフスタイルに合うのは当たりまえ。色も形も全てです。
5.各産地のプロフェッショナルが製作
5.プロフェッショナルが製作
いくら使いやすいからといって大量に作られた味気ない道具だとお茶の味もどうでしょう?すすむ屋茶具は各産地の職人が製作した本物の茶具です。

プロジェクトメンバーの紹介

新原光太郎 監修

新原光太郎 監修

1983年鹿児島県生まれ 大学在学中より(株)ユナイテッドアローズに勤務。
父親の病気を気に2007年帰鹿。20代から多くの製茶会社の目利きを始め、これまで見てきたお茶の量は日本トップクラス。2012年に最高の日本茶を提案する「すすむ屋茶店」を立ち上げる。鹿児島茶業の父と呼ばれる新原仁次郎を祖父にもつ。

大治将典 デザイナー

大治将典 デザイナー

1974年広島県生まれ 1997年広島工業大学環境学部デザイン学科卒業。
建築設計事務所、グラフィック事務所を経て、Oji&Designを立上げる。日本全国の手工業のデザインを数多く手掛ける。現在、卸売り向け展示会「ててて見本市」共同主催

梅原タツオ すすむ急須

梅原タツオ すすむ急須

愛知県常滑市生まれ。1994年に急須制作を始めると2001年の第48回とこなめ焼き振興金融協会賞受賞を皮切りに数々の賞を受賞。
2008年には東京都知事賞と最優秀賞のダブル受賞の快挙を成し遂げる。

今村製陶 すすむ湯呑、すすむマグカップ

今村製陶 すすむ湯呑、すすむマグカップ

正直でうそのない暮らしをめざし、今までの磁器の世界にはなかった温かみのあるオリジナル磁器「生成りの白」を作り上げる。
2012年に「jicon」ブランドを立ち上げる。代表作にjicon飯椀、jicon花瓶等、多数。

徳間保則 すすむ計量湯冷まし

徳間保則 すすむ計量湯冷まし

新潟県柏崎市に工房を構える。製作が困難とされる耐熱ガラスを独自の技術
バーナーワークを用いて繊細な耐熱ガラス作品を生み出す一人者。
2001年オリジナルブランド「BOSILICA」を立ち上げる。

FUTAGAMI すすむ茶筒、すすむ茶匙

FUTAGAMI すすむ茶筒、すすむ茶匙

富山県高岡にて仏具専門の鋳物メーカーとしてスタート(創業1897年)。
2009年真鍮の生活用品ブランド「FUTAGAMI」を立ち上げる。
人と場所になじんでいく素材真鍮を用いて様々な生活用品のプロダクトを産み出している。

  • 10,000円(税抜)以上のお買上で代引き手数料・送料無料
  • PAYMENT
  • 2018年新茶
  • 日本茶選びに迷ったら日本茶マトリックス

用途別から探す

すすむ屋の日々

  • 日本茶教室
  • 実店舗イベントのご案内
  • お電話でのご注文はこちら 099-251-4141
  • メルマガ会員登録