すすむマグカップ

すすむマグカップ

日本茶がおいしく飲めるマグカップを作りました。 切立湯呑みに持ち手が付いたようなマグカップです。 たっぷりの日本茶を飲みたい方にも、熱くなった湯呑みが持てない方にも最適です。 黒い器は釉薬を用いず呉須を炭化させて着色しています。 急須と同じように、どうぞ手沢(長く愛用して出てくる艶)の出るまで末長くご愛用ください。

サイズ:小φ72mm × h.87mm × w.100mm 容量 約180ml

 大φ81mm × h.98mm × w.109mm 容量 約270m

小/白  2,700円(税抜)
小/黒  2,700円(税抜)
大/白  3,000円(税抜)
大/黒  3,000円(税抜)

サイズ/色

数量

ギフト梱包について この商品に関するお問い合わせ

More Information

日本茶を美味しく飲むマグカップ「すすむマグカップ」

実は私たちが欲しかった。日本茶が美味しく飲めるマグカップ





私たちは職業柄日本茶が大好きです。(当たり前ですが。笑。)
普段のデスクワークでも家に帰ってからももよく色々な日本茶を飲んでいましたが、大きなマグカップがあれば正直助かるなと思っておりました。
すすむ屋茶店が提案させていただいている「日本茶のある豊かな暮らし」を楽しむためには日本茶が美味しく飲めるマグカップは必須でした。





切立湯呑に取っ手をつけたシンプルな形状



すすむマグカップはすすむ屋茶具らしくシンプルな美しい形状です。主張をしすぎない形は、シーンを選びません。
あなたの暮らしの一部としてご愛用していただけると幸いです。





もちろん。紅茶でも。コーヒーでも。



すすむマグカップの飲み口は香りを楽しめるように、ほんの少しだけではありますが飲み口にいくにつれて細くなっております。
この形状は紅茶。コーヒー等の飲み物の香り、味も引き出してくれます。
様々なシーンで様々なお飲み物にお使いください。






制作は今村製陶。「生成りの白」と「呉須の黒」



すすむ湯呑、すすむマグカップの制作は薩摩焼と同じルーツを持つ有田焼、今村製陶さんにお願いしています。

磁器の白でありながらどこか温かい雰囲気を感じる今村製陶の白は、精製するのに手間と時間がかかる、生成りの磁器を使用しています。
今村製陶そのものでもある「生成りの白」はシンプルな形状のすすむ湯呑の雰囲気をより良いものとしてくれます。

黒は釉薬の下地である呉須を塗りそのまま焼締めています。外側の「黒」はすすむ急須同様に使用すれば使用するほど黒の深みが増していきます。
育てていく過程も楽しめる「呉須の黒」は日本茶がある暮らしをより良いもとのしてくれます。




今村製陶
正直でうそのない暮らしをめざし、今までの磁器の世界にはなかった温かみのあるオリジナル磁器「生成りの白」を作り上げる。
2012年に「jicon」ブランドを立ち上げる。代表作にjicon飯椀、jicon花瓶等、多数。