大福茶(おおふくちゃ)期間限定

大福茶(おおふくちゃ)期間限定

「茶」は芽が出る(出たい)作物であることから様々な「めでたい」シーンでご愛飲されてきました。大福茶の歴史は天歴5年(951年)六波羅蜜寺の空也上人が茶を振る舞い疫病を終息させたことに由来します。すすむ屋茶店の大福茶は玄米茶。米と茶のブレンドティーである玄米茶には食べ物飲み物に困らないようにという願いが込められています。

80g(小包)  600円(税抜)
80g(缶)  820円(税抜)
3g×8個(ティーバッグ)  600円(税抜)
80g缶(ギフトボックス入)  1,000円(税抜)

内容量

数量

ギフト梱包について この商品に関するお問い合わせ

More Information

年末年始は大福茶!!



日本茶は芽が出る作物であることから様々な「めでたい」席を彩って参りました。大福茶は天歴5年に京都にて流行していた疫病を六波羅蜜寺の空也上人が「茶」を振る舞い下火にさせたことに由来します。これをみた当時の村上天皇が正月に民の無病息災を祈って茶を服したことから現在まで受け継がれているのです。






すすむ屋茶店の大福茶は玄米茶



大福茶は地方ごとに昆布を入れたり、梅を淹れたりと様々ですが、すすむ屋茶店の大福茶は米が入った玄米茶。新しい年も食べ物、飲み物に困らないように。との願いが込められています。




冬のご挨拶にやギフトに最適です。



ギフトに最適なパッケージは冬の贈り物に最適です。

※ギフトはお詰め合わせページをご確認ください。さらに充実しています。




用途に合わせて4種類のパッケージ






ちょっとした手土産には一つ一つ丁寧にお包みさせていただいた俵型を!





保存にもうれしい缶入り






手軽にいただけるティーバッグもあります。









箱入りギフトもございます。





ブレンド

Free Brend

ペアリング

正月料理・みかん

キーワード

無病息災・縁起物

※10,000円以上お買い上げで代引き手数料・送料無料