検索

【くきほうじ茶】(茎ほうじ茶・棒ほうじ茶)

鹿児島産の新芽の『茎』のみを茶色くなるまで焙煎したほうじ茶。通常のほうじ茶よりマイルド。第一印象から優しい味わいで、中盤から後味にかけてさっぱりとしてキレが良い。くきほうじ茶は、ほうじ茶の中で最も上質とされており、上品な甘みが特徴。すすむ屋茶店ではほうじ茶の女王と称している。
販売価格 756円(税56円)
型番 kukihouji
購入数

内容量

ほうじ茶の女王!くきほうじ茶



くきほうじ茶1

鹿児島茶の新芽の『茎』のみをほうじ茶にした、くきほうじ茶。
味わいは、葉の部分を使った通常のほうじ茶と違い、マイルドな味わいで飲みやすく人気の高いお茶です。

もともと、北陸地方や関西地方で飲まれることの多いほうじ茶ですが、
その北陸地方や関西地方では『茎』をつかった茶葉が最も高級とされています。
通常のほうじ茶よりも上品な甘みを有する「くきほうじ茶」ですから納得です。
私どもスタッフの中でも愛飲率が高い、おすすめの茶葉です。







くきほうじ茶の効能



日本茶には健康成分(カフェイン・テアニン・カテキン等)が多く含まれています。
しかし、体質的にカフェインが苦手な方もいらっしゃいます。

くきほうじ茶は、カフェインの少ない『茎』を使用。
茎をほうじ茶になるまで焙煎すると、カフェインが揮発するため、さらに少なくなります。


くきほうじ茶2


また、ほうじ茶に含まれる「ピラジン」という成分。
これはほうじ茶独特の香ばしい香りの元になっており、血流を促し、働きすぎた脳を落ち着かせる効果があります。

くきほうじ茶は、お子様にも安心して飲んでいただけますし、冷え性の方におすすめです。寝る前のリラックスタイムにもおすすめです。


くきほうじ茶3







いれ方が簡単!夏は水出し茶で



くきほうじ茶4

ほうじ茶のいれ方は簡単。沸騰したお湯を注ぐだけです。 
夏は麦茶代わりに水出しにして、そのまま冷蔵庫へ入れるだけ。


玉露や煎茶などの緑茶は、いれ方によって味わいに大きく差がでますが、ほうじ茶は熱湯でも水出しでも、そして誰でも美味しくいれることができる、いれ方で差の出ない日本茶です。




ブレンド

Free Brend

ペアリング

かりんとう

キーワード

贅沢・ほっとする・癒し

※10,000円以上お買い上げで代引き手数料・送料無料

  • PAYMENT
  • 10,000円(税抜)以上のお買上で代引き手数料・送料無料

用途別から探す

すすむ屋の日々