すすむ屋茶店の日本茶が選ばれる理由

すすむ屋茶店の日本茶が選ばれる理由

産地の特徴。知覧茶をはじめ、
ブランド産地豊富な鹿児島茶

すすむ屋茶店が本店を構える鹿児島は、日本茶の生産量3分の1を占めるトップクラスの茶産地で日本一早く生産される走り新茶の産地でもあります。また知覧茶ブランドで有名な南九州市は全国茶品評会でも大臣賞を始め数々の賞を受賞。その他にも霧島茶や有明茶、屋久島茶、大根占茶等々多種多様なブランド産地、高級産地が分布。すすむ屋茶店の美味しいお茶づくりの基礎となっております。

焙煎のこだわり。丁寧な2段仕分け。
個性引き出す浅煎りの焙煎

すすむ屋茶店で販売するすべての日本茶は茶師と呼ばれる職人が茶葉の形やサイズ、状態に応じて2段階に丁寧に仕分けをおこない独自の浅煎りの焙煎を致します。時間と手間はかかりますが美味しいお茶づくりの為、創業以来頑なに守り続けている焙煎方法です。

素材のこだわり。土をみる。新鮮で自然であるか。
個性が際立っているか

日本茶はとてもシンプルであるからこそ、その土地や作り手の個性が味わいや香りに直結すると考えております。その為、個性際立った緑色鮮やかな茶葉を良とするすすむ屋茶店独自の仕入方法を確立。特徴的な「さえみどり」や「あさつゆ」「ゆたかみどり」などの品種茶の他に、深蒸し茶などの加工法が異なるお茶の扱いも豊富です。

品質のこだわり。卸売業からはじまったからこそ、
最高品質のお茶を日常価格で

100年続く茶卸売業から派生したすすむ屋茶店。創業時から今に至るまで多くの人たちと最高品質の日本茶を共につくり上げて参りました。そんな最高に美味しい鹿児島茶・知覧茶を毎日楽しんでいただきたい。卸売問屋だからこそ実現可能な品質のお茶を日常価格でお届け致します。

お茶を選ぶ

  • 煎茶
  • ほうじ茶
  • 番茶
  • 抹茶
  • 水出しその他

煎茶(緑茶)

日本でつくられる茶のほとんどが緑茶の一種である煎茶といわれており「日本茶=緑茶=煎茶」といっても過言ではありません。一般的に日本茶、緑茶といわれるものはこちらになります。
茶葉によって様々な個性を楽しめるのも煎茶の醍醐味です。
※茶葉の種類が多く迷われたお客様は、すすむ屋の定番で一番人気「こくまろ」からお選び頂くのがお勧めです。
  • 緑茶らしい自然な甘み
  • スッキリとした味わい
  • しっかりとしたコク
  • こくまろ
  • アサノカ
  • カナヤ
  • 深みとコク
  • サエ
  • オクミドリ
  • 岡村農園
  • アサツユ

ほうじ茶

茶をキツネ色になるまで焙煎したものがほうじ茶です。優しい味わいも特徴ですがなんといっても香りが最高です。また、カフェインが少なく小さなお子様や女性のお客様に人気です。水出しでもお湯出しでも淹れ方を気にせずお楽しみ頂けます。
  • やさしい甘み
  • しっかりとしたコク
  • 茎ほうじ
  • ほうじ

番茶

番茶の「番」には日常的な。という意味合いがあり、地方によって所説ございますが、割と安価な茶葉たちが名を連ねます。すすむ屋茶店では頭や茎などお茶のまかない的な「部位」をこちらにて販売しております。
  • すっきりとした甘み
  • 華やかな香り
  • くき
  • あたま
  • めばん
  • 玄米茶

抹茶

抹茶とは碾茶といわれる日本茶を石臼で引いて細かくしたものです。茶筅でシェイクしてそのまま飲まれるのも良し。お菓子や料理に加えてもお楽しみいただけます。茶葉をそのまま頂くことから健康成分をまるごと頂くことができ、海外ではスーパーフードとして流通しているところもあるようです。
  • 濃厚な甘み
  • すっきりとした味わい
  • 濃い茶
  • うす茶

水出し・その他番茶

茶葉の摘採方法、加工方法によって様々な表情を見せる日本茶たち。紅茶などはこちらです。
  • 水出し煎茶
  • 水出しほうじ
  • 薩摩紅茶