すすむ屋の煎茶(緑茶)

煎茶とは、日本で最も多く作られている緑茶の1種であり、「日本茶=緑茶=煎茶」といっても過言ではありません。 日本茶は摘みたてのフレッシュな状態のまま茶葉を蒸して製造をする為、茶の葉の色のままである緑色のお茶になります。

すすむ屋茶店の煎茶は、煎茶の中でも通常の煎茶の製法に比べて長い時間をかけて茶葉を蒸して作った深蒸し煎茶(通称深蒸し茶)を中心に販売をしております。 深蒸し煎茶は甘みがあり苦みや渋みが少ないのも特徴で、お茶の色も綺麗な緑色の状態で抽出されます。また、通常の煎茶に比べて様々な健康成分もお茶に抽出されやすくより手軽に健康にお茶を味わうことができます。

こちらで販売している煎茶は、茶葉の個性を生かす為、すすむ屋茶店独自の浅煎り焙煎で加工をしております。これまでの煎茶では感じることのできなかったお茶本来の味をお楽しみください。

※茶葉の種類が多く迷われたお客様は、すすむ屋の定番で一番人気「こくまろ」からお選び頂くのがお勧めです。

  • 【煎茶こくまろ】(煎茶・鹿児島茶・合組茶)

    1,296円(本体1,200円、税96円)

    第一印象はマイルドで上品。香りは甘く熟成したとユーカリのよう。 中盤から後味にかけて味がしっかりしていく印象。 すすむ屋茶店の代表茶葉で最も人気。緑茶らしい自然な甘みとコクで構成される味は多くの人に好まれる。

  • 【煎茶深みとコク】(煎茶・鹿児島茶・合組茶)

    1,350円(本体1,250円、税100円)

    第一印象の豊かで力強い印象が中盤から最後まで持続する。香りは強く焼いたアーモンドのよう。 力強さの割には飲みやすい印象。しっかり系茶葉の代表格。

  • 【煎茶さえみどり】(煎茶・鹿児島茶・品種茶)

    1,620円(本体1,500円、税120円)

    第一印象は優しく海藻のような香り。中盤以降優雅で熟成された濃厚な甘みが広がる。後味はすっきりした印象で最後まで上品。近年最も人気のある品種で日本茶の横綱ともいえる。贈り物にも最適。

  • 【煎茶あさつゆ】(煎茶・鹿児島茶・品種茶)

    1,404円(本体1,300円、税104円)

    第一印象は力強く豊か。中盤にあさつゆ特有の甘みが感じられ後味にはまた力強い印象にもどり尾を引く。気分を切り替えるときにはオススメ。香りは独特で削りたての木くずを燻製にしたよう。一度気に入るとこれにかわる茶葉はない。

  • 【煎茶おくみどり】(煎茶・鹿児島茶・品種茶)

    1,296円(本体1,200円、税96円)

    第一印象からマイルドで優しい味、中盤から後味にかけてすっきりしていてキレが良く上品な印象をうける。鼻から抜ける甘い香りはどこか懐かしく海を連想させる。

  • 【煎茶あさのか】(煎茶・鹿児島茶・品種茶)

    1,188円(本体1,100円、税88円)

    第一印象はふくよかで清涼感のある渋みで線香のような香りが漂う。中盤からにかけて甘みが増す。後味も緑茶の余韻がのこる。総合的にすべてのパフォーマンスが高くバランスがとれている

  • 【煎茶かなやみどり】(煎茶・鹿児島茶・品種茶)

    1,080円(本体1,000円、税80円)

    第一印象がフレッシュな草のような印象で力強い。中盤から後半にかけて甘みが出てくるが最初の印象が残る。特徴的な茶葉で好みが分かれるが、熱烈なファンも多い。

  • 【岡村農園】(煎茶・鹿児島茶)

    1,620円(本体1,500円、税120円)

    第一印象は平均的。中盤から渋みが増してくる印象。香りは腐葉土を連想させるしっかりしたもの。有機煎茶。


  • 10,000円(税抜)以上のお買上で代引き手数料・送料無料
  • PAYMENT
  • 日本茶選びに迷ったら日本茶マトリックス

用途別から探す

すすむ屋の日々